2018年7月20日金曜日

「自分の思い」 2年 須貝英大



「自分の思い」 2年 須貝英大


こんにちは。
今回部員ブログを担当させていただきます。
商学部商学科 二年 須貝英大です。
月日が経つのはあっという間で、もう大学2年の夏になった。最近時間が経つのが早いと改めて感じている。
[二度とない一日を大切に]
これは高校のときのコーチが書いていた言葉であり、とても印象に残っている。
時間は皆平等である。その限られた時間の中で何が出来るのか。結局活躍する選手、成功する人というのは、時間を有効的に使っている。毎日どういうチャンスがあるのか、どういうことが起きるかは誰も分からない。ただ一日をボーッと過ごすのではなく、自分にとって楽しい、充実した、プラスになる一日一日を送りたい。それを心がけることで最高の準備にもつながる。
まだ自分は過去に全国の頂点を取ったことがない。県の頂点も小学生のときに1回取っただけで、中学、高校ともに取っていない。だからこそ大学でのタイトルに対しての思いは人一倍強い。
この明治大学体育会サッカー部は素晴らしい環境にある。お互いが刺激し合い、常に全力で取り組む。全員が同じベクトルを向き、【信闘】
していく。だからこそ、この組織で必ずタイトルを取りたい。みんなで喜びたい。そのためにももっと追求し、チームの為に、自分の成長の為に戦っていきたい。
まとまりのない文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後とも、明治大学体育会サッカー部の応援よろしくお願いします。


【過去のブログ】
「小学校の頃の思いから」 1年 須貝英大

0 件のコメント:

コメントを投稿

「感謝と使命と夢」 3年 東山亮

「感謝と使命と夢」 3年 東山亮 「人は色々な人に支えられて生きている。」 僕は昔から、多くの人に「感謝する心の大切さ」を教え込まれてきた。 しかし、恥ずかしながら「感謝の気持ち」を細部に感じ、それを表現できるようになったのは、大学生になってからだと思っている...