2018年9月11日火曜日

「世の中の広さ」 4年 袴田裕太郎





「世の中の広さ」
4年 袴田裕太郎


こんにちは!
今回部員ブログを担当します 法学部法律学科4年の袴田裕太郎です。

早いもので残りの大学生活もあと半年となりました。そこで今回私が大学生活を経て大切だと感じたことをみなさんに伝えられたらなと思います。

私は6歳からサッカーを始め今の22歳までずっとサッカーだけをして生きてきました。高校へはスポーツ推薦で入学し、この明治大学にもスポーツ推薦で入学することが出来ました。要するに、サッカーだけでこれまで何不自由なく生きてこれたのです。もちろん、両親の支えやスタッフ方等の支えがあってのことですが。


最近自分からサッカーをとった時、自分にはどんな価値があるのだろう。と考えたことがあります。
サッカーしかしてこなかった自分にはそのとき何も思い浮かびませんでした。
そこで私はその答えを見つけるべくある行動を取るようにしました。
それは、めちゃくちゃ人と会うこと!本を読むこと!
単純に思うかもしれませんが、これはとても大事なことだと思います!

サッカー以外の人と会うことでその人はどんなマインドを持っているのか、お金を稼いでる人はどんな行動を起こしているのか等、色んな分野の人と出会うようになって本を読むようになってから視野が広がり様々な人の価値観や考え方を知ることができ、自分はホントに狭い世界で生きてたんだなと感じました。

過去の自分は周りの意見に流されることが多く、自分の意志で行動していないことが多かったような気がします。
それが最近では自分の目標から逆算して「考えて」行動することが増えてきているのではないかと思います。


大学生は特に時間がいっぱいあります。方法は色々ありますが、そういう時間を利用して今後の人生に繋げて行くことで人生の幅が広がると信じています。

もちろん、私はプロサッカー選手を目指していて一番大事なことはサッカーです!夢を叶えるために直向きに、そしてどんなときでも謙虚でなければいけません!日々のトレーニングを怠ることはあってはいけません!大きな目標を達成する為に取り組んでいます。


改めて人との繋がりって物凄く大事なものだと思ったのと同時に、人との「ご縁」を大切にしていきたいです。
サッカー選手としての価値も大事ですが、袴田 裕太郎 という一人間の価値も高めていけるよう日々『行動』していきたいと思います。


明治大学体育会サッカー部で成長させていただいたご恩をこの総理大臣杯、後期リーグ戦、インカレと結果で示して行けるように頑張ります!

これからも明治大学体育会サッカー部の応援を宜しくお願い致します。

まとまりのない文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。



【過去のブログ】

0 件のコメント:

コメントを投稿

「感謝と使命と夢」 3年 東山亮

「感謝と使命と夢」 3年 東山亮 「人は色々な人に支えられて生きている。」 僕は昔から、多くの人に「感謝する心の大切さ」を教え込まれてきた。 しかし、恥ずかしながら「感謝の気持ち」を細部に感じ、それを表現できるようになったのは、大学生になってからだと思っている...