2018年10月5日金曜日

「財産」 4年 橋岡和樹



「財産」 4年橋岡和樹

こんにちは。今回部員ブログを担当する明治大学文学部四年の橋岡和樹です。

入寮してからあっという間に時間が過ぎ、私は今年で最高学年になりました。入寮した当初、この組織のことも一切分からぬまま、ただただ先輩たちの背中を追いかけ、サッカーでも私生活でも余裕がない日々を送っていました。朝4時過ぎに起き、練習の準備をし、練習が終わると学校へ行き、8人部屋に帰ってくる。時に先輩たちに厳しく怒られ、時に同期たちと倉庫で笑い合う日々。その何気ない日々が今の自分の財産であることを感じます。同期にはあり得ないほど足が臭いやつ、四年間同じ部屋なのに仲が悪いと言われるやつ、一番年上なのに一番年下のような扱いをされるやつ、メンヘラなやつ、サイコパスなやつ。ここには書けないほどの過激で特徴がある個性派の仲間が自分を支えてくれています。これも私にとってかけがえのない財産です。

明治大学体育会サッカー部の最高学年にはOBの方々が作り上げてきた伝統を引き継いでいくという使命があります。試合を観に来て頂いてくれる明治のサポーターの方や御両親の方々には是非、ピッチに立っている11人はもちろん、ベンチにいる選手たち、裏で闘っているバックアップの選手たち、スタンドで応援している選手たち、補助学をやっている選手たち、常に自分のことは後回しにして闘っているマネージャーたちを観ていって下さい。これは明治大学体育会サッカー部にしかない財産です。ここにいる選手たちは全員がチームのことを一番に考えて闘っています。


こんな仲間たちと共に、残りのリーグ戦、インカレの優勝を手にしたいです。そして後輩たちに次の明治を胸張って託せるように、今まで不自由なく自分の進む道を笑顔で送り出してくれた両親のためにも日々の練習から切磋琢磨していきます。


最後まで読んで頂きありがとうございます。

今後ともよろしくお願い致します。

【過去のブログ】

「強さ」3年 橋岡和樹

「恩返し~成長~」 2年橋岡和樹

1 件のコメント:

  1. こんばんは。神川です。
    セレクションでの橋岡くんとのやりとり、今でも鮮明に覚えています。
    お母様を大切にすると共に、思いっ切りサッカーを楽しんでください!応援しています!

    返信削除

「感謝と使命と夢」 3年 東山亮

「感謝と使命と夢」 3年 東山亮 「人は色々な人に支えられて生きている。」 僕は昔から、多くの人に「感謝する心の大切さ」を教え込まれてきた。 しかし、恥ずかしながら「感謝の気持ち」を細部に感じ、それを表現できるようになったのは、大学生になってからだと思っている...