2018年10月2日火曜日

「支えてくれている人の為に」 3年 中村帆高



「支えてくれている人の為に」 3年 中村帆高


今回ブログを担当させていただく明治大学体育会サッカー部3年の中村帆高です。
文章を書くのは苦手なので、まとまりのない文章になってしまうかもしれませんが、少しでも私の思いを伝えることができれば嬉しいです。

3度目の夏も終わり、明大サッカー部での生活も2年半が過ぎた。
公式戦に関わらせてもらう機会も増えてきて、非常に貴重な経験をさせてもらっている。
そんな中で、サッカーをするにあたっての今の私を動かす原動力となっているものがある。
それは「支えてくれている人の為に」という気持ちだ。
今回はこれについて書きたいと思う。

今年に入り、私は下級生から上級生という立場になった。
やはり上級生になると、下級生の頃には見えなかったことだったり、物事を少し違う角度から見たりできるようになり、少し余裕も持てるようにもなった。
その中で最近、「なぜ今私はこんな素晴らしい明大サッカー部という場所にいれるのだろう?」だったり、「なに不自由なくサッカーができてるのはどうしてだろう?」とふと考える。
でも、この疑問というのはちょっと考えれば分かることで、「私」という人間を支えてくれている誰かがいるということだ。
そして、その誰かとは、一番は紛れもなく両親だ。
両親にはいつも支えられてばかりで感謝してもしきれない。本当にいつもありがとう。
もしかしたら世間的に見れば、親が子のこと支えるということは当たり前なのかもしれない。
でも、その当たり前なのかもしれないことは、実は当たり前ではなくて、何気なく生きていく中で人は本当に大切なことを忘れてしまっているのではないかと感じる。
その大切なことに改めて気付かせてくれ、本当の意味で感謝できる心を育ててくれたのは、栗田監督を始めとしたスタッフの方々、そしてこの明大サッカー部という素晴らしい環境だ。
本当に感謝しています。

ここでは書ききれませんが、私を支えてくれている全ての方に感謝しています。
この感謝の気持ちをサッカー選手としてピッチの上で表現することが、「支えてくれている人」への一番の恩返しになると思います。
なので、残りのサッカー人生楽しむ心を忘れず、全力でやり抜きたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後とも明治大学体育会サッカー部を宜しくお願い致します。


【過去の記事】

0 件のコメント:

コメントを投稿

「ダイバーシティおじさん」 3年 山口康平

ダイバーシティおじさん  3年 山口康平 2016 年、2月5日。僕の明治大学体育会サッカー部一日目。 一人のチャーミングなおじさんが現れ、講義をした。たしか題名は、「ボールを蹴らなくてもサッカーは上手くなる。」だった気がする。当時の僕...